施設紹介

わかくさ学園
わかくさ学園いちご

障害児入所施設/児童発達支援センター

わかくさ学園
わかくさ学園いちご
わかくさ学園は、福祉型知的障害児入所施設です。入所している児童は施設で生活を送りながら、隣接する岡山県立西支援学校に毎日登校しています。健康面のフォローをはじめ、高等部卒業後の進路などについては、本人、保護者の方と一緒に相談をしながら決めていきます。また、わかくさ学園いちごは、地域にお住まいの発達に心配のある幼児や小学生の療育や相談を行う児童発達支援センターです。
画像1
所在地 〒700-0952
岡山県岡山市北区平田407
電話番号 086-805-3806/086-805-3822
(8:30-17:15)

お知らせ・イベント

お知らせはありません。

施設内容

わかくさ学園

【施設入所支援】
わかくさ学園は定員30名で、学齢児は隣接する岡山県立西支援学校に通学しています。      
施設では生活面の自立はもとより、スポーツ・文化活動にも力を入れており、地域のマラソン大会に出場したり、うらじゃ連を組みイベントに出演したりしています。
【短期入所(空床型)】
自宅で養育を行っているご家族が病気などの理由により養育を行うことが困難な場合や心身のリフレッシュをしたいときなどに、宿泊し施設の方と同じ体験をしてもらうサービスを提供しています。
【日中一時支援(レスパイト・タイムケア)】
自宅で過ごされている児童が昼間の数時間、施設で過ごします。
 

わかくさ学園いちご

【児童発達支援】
月曜日から金曜日は、地域の保育園や幼稚園に通う幼児に対して、週に1回通所し、5名程度の小集団療育や個別療育を行っています。個人の能力を伸ばすとともに、保護者の相談にも対応しています。
【放課後等デイサービス】
地域の小学校や支援学校に通う小学生が、月に1~2回、土曜日に通所し、社会性や人とのコミュニケーションの取り方などを学んでいます。
【保育所等訪問支援】
保育園、幼稚園、小学校などで集団生活に課題がある場合は、その集団の場所に事業所の職員が出向き観察を行い、集団の先生らと情報共有を行いながら、必要に応じてアドバイスを行っています。
【相談支援】
お子さまや保護者の相談に対応し、また地域で福祉サービスを利用するための情報提供や相談援助を行い、利用計画の作成を行っています。
【機能強化事業】
月に1回「ふたばの会」を開催、地域にお住まいの未就学のお子さんと保護者の方を対象に、療育体験や療育相談を行っています。